「なんでこの日に、、、」

2019年6月27日(木)雨のち曇り

羽田経由で、稚内空港到着。気温10度。寒い、大阪と全然違う。レンタカーでサロベツ原生花園へ向かいました。

小雨だった雨が上がりました。原生花園の木道を歩いて、シマアオジを探しました。まずはホオアカがさえずっていました。しばらく歩くと、カメラマンの塊を発見。皆さんシマアオジがお目当てのようでした。

まずは木道を一周回って、撮れたのはホオアカ、ノビタキ、ノゴマでした。アマツバメが舞っていました。時折、オオジシギが飛んでいました。本命のシマアオジは、いません。

二周目に突入。でもいませんでした。17時になっても気配がないので、撮影終了としました。明日は、朝4時から開始します。果たしてシマアオジでるか?



ホオアカです。
 
 
ノビタキです。
 
ノビタキです。
 
ホオアカです。
 
ノビタキ
 
ノゴマです。


2019年6月28日(金)曇りのち晴れ

今日は早朝4時から探鳥開始です。まだ誰もいませんでした。30分くらいしたら、カメラマンたちがやってきました。話を聞くと、昨日は5時くらいに出たそうです。そろそろ出る時間です。

待ちましたが、出ません。さらにさらに待ちましたが出ません。ほかの鳥を探しにちょっと移動しました。ノビタキを撮りました。お昼を食べて、またシマアオジ探しに戻りました。

朝は曇りで寒かったのですが、その後天気が良くなって晴れてきました。気温も上がって、暖かくなってきました。じーっと待ってて暖かくなってくると、眠気が襲ってきました。

他のカメラマンたちは、今日は出ないと判断して、去っていきました。私一人、ひたすら待ちました。

17時ころまで待ちましたが現れず。夕方にはまた曇ってきて、気温が下がり始めました。撤収することにしました。

明日も早朝4時から始めます。でも明日は雨、、、どうなることやら。



 
ノビタキです。
 
ツメナガセキレイです。
 
ノビタキです。
 
ホオアカです。
 
これもホオアカ。


2019年6月29日(土)雨のち曇り

今日も朝4時スタートです。でも、雨が降ってます。カメラにレインカバーをつけて、人間もレインウエアを着て探鳥開始です。

いきなり、ノゴマが枝にとまっていたので撮りました。幸先いいかなと思いきや、本命のシマアオジは、出てきません。雨が降る中、待ちました。チュウヒが飛んでいました。ノビタキもいました。

カメラマンは私一人だけでしたが、1時間くらいたって、一人やってきました。だんだん雨が激しくなってきました。2時間粘りましたが、この雨の中で待つのが耐えられなくなって、いったん撤収しました。

朝ご飯を食べて、探鳥再開です。でも、まだ雨は降りしきっていました。雨が止むまで車の中で待機しました。朝起きるのも早かったのと、車の中の暖房が心地よくて、止むまでちょっと横になりました。

目が覚めたら、10時。結構寝ていました。でもまだ雨は降っています。昨日と違って気温は低く寒いです。もう少し待機することにしました。

12時ころに霧雨になったので、外に出ました。やっぱりシマアオジは出なかったので、撮影終了としました。明日は最終日です。午前中までの探鳥です。明日も早朝から始めますが、また雨です、、、


 
早朝に撮れたノゴマです。
今日は、これだけ、、、


2019年6月30日(日)曇りのち晴れ

今日も4時から探鳥開始。天気予報は外れて雨は降らなかった。カメラマンは、私一人だけ。あたりをよくよく見まわして、シマアオジを待ちました。でもやっぱり出ません。鳴き声もしません。しばらくしたら、カメラマンが3人になりました。

シマアオジの出番を待つ間、チュウヒが飛び、ノビタキがたくさん飛びました。

すると、草むらの中で茶色いものが動いていました。なんだろう?とレンズを向けると、エゾユキウサギだった。初めて見ました。

シマアオジが出ないので、カメラマンが徐々に撤収していきました。残ったのは私だけ。そして誰もいなくなった。よくあるパターンです。

結局12時まで粘りましたが、タイムアップ。帰りの飛行機の時間です。撮影終了としました。

34日の探鳥の旅は終わりました。


 
ノビタキです。
 
エゾユキウサギです。
かなりデカかった。

 
ノビタキです。
 
ベニマシコです。
ちょっと遠かった。

 
コヨシキリです。
元気にさえずっていました。

 
チュウヒです。
 
最後は、いっぱい咲いてるエゾカンゾウを撮ってみました。
800mmなので、これ以上は無理です。

写真はこれで全部です。
最後まで見てくれて、ありがとうございました。






「梅雨やのに、雨が降らない」

2019年6月1日(土)曇り時々雨

昨年に続き石垣島です。

レンタカーで、田んぼへ向かいました。キジバトが多かった。バンもたくさんいました。ムラサキサギを発見。写真に撮りました。コウライキジも発見。撮りました。 

車をゆっくりと走らせて、左右をよくよく見ます。ちょっと離れたところに、鳥を発見。双眼鏡で確認したら、リュウキュウヨシゴイでした。やったー!3年かけてやっと出会えました。めちゃくちゃうれしかったです。

また車をゆっくりと走らせると、上空にホバリングしている鳥を発見。なんだろう?と双眼鏡で見ると、カタグロトビでした。急いでカメラを向けて撮りましたが、どれもピンボケでした。残念。 

そこらでセッカがいっぱいさえずっていました。それからシロハラクイナも2羽見ました。残念ながら本命のツルクイナとミフウズラには出会えませんでした。

もうほかに鳥はいなさそうだったので、撮影終了としました。

明日は、曇りです。いい出会いがありますように。



コウライキジです。 
 
ムラサキサギです。
 
セッカです。
 
ムラサキサギです、近すぎました。
 
リュウキュウヨシゴイです。3回目のチャレンジで、やっと会えました。
 
シロハラクイナです。


2019年6月2日(日)くもり

朝8時に出発、ガイドさんに案内してもらいました。まずは、ウズラシギを宿泊近くの田んぼで発見。こんな近くにいたのか。

 そのあと、リュウキュウアカショウビン、リュウキュウアオバズク、カンムリワシ、カタグロトビ、オオアジサシ、インドハッカなどの場所へ案内してもらいました。

午前中は、すこぶる順調に撮影が続きました。

問題のツルクイナとミフウズラです。場所へ案内してもらいました。ツルクイナが現れるまで待ちました。出ないので別の場所へも案内してもらいました。ここでも出ませんでした。粘りに粘って、19時まで。もうさすがに限界です。これ以上待っても出ないのだから、今日は出ないのでしょう。あきらめました。

明日もガイドをお願いします。果たして、明日は出るか?


 
ウズラシギです。

 
シロハラクイナです。
 
リュウキュウツミです。
 
カンムリワシです、けっこう見かけました。
 
カンムリワシ、縦位置でも入りきらず。
 
リュウキュウアカショウビンです、たくさんいました。
 
リュウキュウコノハズクです、枝葉被りです。
上手に隠れていました。

 
カタグロトビです、ちょっと遠かった。
 
オオアジサシです。
 
オオアジサシ
 
インドハッカです、遠かった。
 
インドハッカです、屋根裏に隠れていました。
 
コウライキジです。
 
リュウキュウアオバズクです。
 
シロハラクイナです、ツルクイナも
こんな感じで出てくれたらなぁ。


2019年6月3日(月)晴れのち雨

ガイド2日目です。昨日と同じように朝8時出発。昨日はアカショウビンなど、石垣島の定番メニューはこなしたので、いきなり難易度の超高いツルクイナの現場へ直行。しばらく粘りましたが、現れず。気分転換に林道を走って、またアカショウビン、カンムリワシなどを撮りました。海岸へ案内してもらって、ハシブトアジサシが撮れました。

 気分を取り直して、再びツルクイナの現場へ。またまた粘りましたが、出ません。するとガイドさんが、それらしきものが飛んでいくのを発見。そちらへ移動しました。すると目の前でツルクイナの鳴き声がするではありませんか!これは、大チャンス到来か!ここで現れるのを待ちました。

 しばらく鳴いていました。雨が降り始めてガイドさんが「出てくる可能性大です」とのこと。次第に雨がやんで、あたりが静かになりました。それと同時に鳴き声も聞こえなくなりました。「え?これで終わり?」待てども待てども声もしないし、現れません。

 気が付いたら、もう18時。19時になっても出なかったら、終わりましょうとのことで、同意。

 するとガイドさんが遠くを見て、「あっ、あれは!」ファインダーを向けると、大きめの鳥が飛んでいました。すぐさまシャッターを切りましたが、ピントが合っていませんでした。何か判別不可能なくらいボケてました。ガイドさんがそれを見て、「う〜ん、なんとも言えないですけど、ひょっとしたらツルクイナかも」と言いました。

 結局何かわからずじまいで、撮影終了。2日間のガイドは終了しました。

 明日は、私一人で探鳥です。ツルクイナ、ミフウズラのみで勝負です。果たして出会えるか?


 
ハシブトアジサシです。
 
ハシブトアジサシ
 
セイタカシギです。
 
コアオアシシギです。
 
シマキンパラです。
 
ベニバト、雄です。
 
こっちは、ベニバトの雌です。
 
カンムリワシです。かなり近かった。
 
向こう向きですが、クロハラアジサシです。
 
ズグロミゾゴイです、近すぎて全身入りませんでした。
 
リュウキュウアカショウビンです、きれいに全身が撮れました。

2019年6月4日(火)曇り時々晴れ

朝5時に起きて、早朝のツルクイナ狙いで行こうと思いましたが、起きられず8時スタートとなりました。

現場について、スタンバイ完了です。曇りながらも朝から気温は高いです。粘りますが、何も起こりません。カルガモ、カラス、ハト、セッカなどが出ますが、本命のツルクイナは出てきません。それでも辛抱して待ちました。時折リュウキュウツバメやヤエヤマシロガシラなどが出て、遊んでもらいました。

すると突然、川面に何かが泳いできました。すぐにシャッターを切りました。でもシロハラクイナでした。(別にシロハラクイナが悪いわけではないのですが、、、)

陽がどんどん高くなっていって、強い日差しになってきました。日陰はありません。水分補給しながら待ちました。お昼を過ぎても何も起こりません。だんだん暑さで、へばり気味になってきました。アカン、ぶっ倒れる前に休憩しよ。

車に乗り込んで、エアコンフルパワー。ちょっと横になって、休むことにしました。目が覚めると時刻は15時。なんと2時間も寝ていました。(^o^) よっぽど疲れていたのかな?撮影再開しようと車外に出たら、サウナのような熱気が私を襲いました。メガネのレンズが曇りました。

いや〜もう今日は無理やな。やめとこ。撮影終了としました。

明日は帰宅です。午前中までの探鳥です。今日はゆっくり休んで、明日は5時に起きて早朝探鳥します。天気予報は晴れです。暑そうやなぁ。



シロガシラです。 
 
カルガモです、たくさんいました。
 
シロハラクイナです、ツルクイナの現場にいました。
出たときは、一瞬ドキッとしました。

 
リュウキュウツバメです。

2019年6月5日(水)雷雨のち曇り

今日は朝530分探鳥スタート。小雨が降っていましたが、ツルクイナの現場へ。細いでこぼこ道をゆっくりと車を走らせると、前方に鳥発見。すぐさまレンズを向けましたが、シロハラクイナでした。

 この道は、ミフウズラが出てくるといわれている道です。ひょっとしたら現れるかもと思い、待ってみることにしました。すると前方に脇の草むらから鳥が出てきました。すぐにシャッターを切りました。残念ながらミフウズラではありませんでした、リュウキュウヒクイナでした。でも、初めて見る鳥だったので、うれしかったです。

だんだん雨が強くなってきて、雷鳴がとどろきました。稲光もして、危なそうなので車に戻って一旦避難。雷雨が通り過ぎるのを待ちました。でも雨はやみません。車の中でお昼を食べました。

 やむころには、もう帰りの飛行機の時間が迫ってきたので、探鳥終了としました。45日の石垣島探鳥は終了です。いろんな鳥に出会えて楽しかったです。


 
リュウキュウヒクイナです、ミフウズラの道で出会いました。
 
最後は、カルガモです。

写真は、これで全部です。
最後まで見てくれて、ありがとうございました。




「舳倉島は暑かった」

2019年5月13日(月)晴れ

 夜通し運転して、夜中の1時に輪島到着。

今日は船出航です。

 

島について、早速島を一周目。

普通種はいますが、特に珍しい種は見つかりませんでした。

 

島には沢山のカメラマンがいましたが、

どなたも鳥が見つからず、ウロウロしていました。

 

結局今日、珍鳥はいませんでした。

島を歩き続けて疲れました。

 

17時、探鳥終了としました。

 

明日は、午後から雨です。

どうなることでしょうか。


 
シメです。たくさんいました。

 
ハクセキレイです。

 
コサメビタキです。

 
センダイムシクイです。

 
アオジです。

 
エゾムシクイです。

 
ノゴマです。

 
キビタキ雌です。

 
キアシシギです。

 
アマサギです。

 
コムクドリです。




2019年5月14日(火)曇り時々小雨

朝からいきなり、ヤツガシラが出たとのことで

探しまくりました。

 

旧小中学校の運動場で、現れたらしく

ここで待つこととしました。

待つことしばらくして、出ました!!

ヤツガシラ!!

でも、あっという間に横切って行ったので

撮れませんでした。

「えっ!これで終わり?」

どうしよう、このまま待つか、ほかの場所に出たと聞いたので

そこへ行くことにしました。

 

行きましたが、待てども待てども、現れません。

他の場所に出たとのことで、そこへ移動。

 

そこでも出ませんでした。

さんざん探しまくりましたが、結局観たのは

最初の横切った時だけでした。

 

明日に期待です。明日は晴れそうです。


 
ツバメです。

 
ハヤブサです。

 
ウグイスです。

 
アオジです。きれいな声でさえずっていました。

 
マミチャジナイです。

 
コサメビタキです。

 
シベリアアオジのような気がします。

 
ノビタキです。

 
コヨシキリです。

 
これもコヨシキリ。

 
これは、、、たぶんカワラヒワだと思うのですが、、、

 
左・カワラヒワ  右・キマユホオジロ

 
キビタキ雌です。

 
マミジロの雌です。

 
ピントが合ってませんが、ツツドリだと思います。




2019年5月15日(水)晴れ

 島をまた回りました。

昨日話題になっていた、ヤツガシラは

話すら出ませんでした。多分抜けたのでしょう。

 

珍鳥はいませんでした。

 

朝飯を食べて、再開です。

海岸で不明の鳥を撮影しました。

あとで確認したら、クロジの雄、第一回冬羽でした。

 

コサメビタキは、いっぱい飛んでいました。

キビタキの雌、オオルリの雌もたくさんいました。

 

今日は天気が良すぎて、気温が上がりました。

日差しも強くて、日陰で休憩しながらの探鳥でした。

 

カラスバトをやっと順光で撮れました。

首の青色が出ました。よかったぁ。

 

そうこうしているうちに、17時。

撮影終了しました。

 

明日も晴れです。どんな探鳥ができますでしょうか。


 
ウグイスです。

 
シジュウカラです。

 
ウグイスです。

 
コヨシキリです。

 
センダイムシクイです。

 
これもセンダイムシクイです。

 
イソヒヨドリの雌です。


マミチャジナイです。

 

ツミです。

 

コサメビタキです。

 
 
コヨシキリです。


遠かったのですが、カラスバトです。
やっと順光で撮れました。

 

クロジ雄 第一回冬羽です。

 
 
遠かったですが、マミジロツメナガセキレイです。


キビタキ雌です。

 
 
オオルリ雌です。

 
キビタキ雌です。




2019年5月16日(木)晴れ

今日も早朝から探鳥です。

島を一周しました。鳥の数が昨日より少なくなった気がします。

電線にコムクドリの群れが止まっていました。

シベリアムクドリが混じっていないか、よくよく確認しました。

でもいませんでした。

 

コウライウグイスが、出たとのことで探しました。

歩いていると、一人のカメラマンに会いました。

「今しがた、コウライがおったで」

「え〜、またタッチの差ぁ」

そのカメラマンさんも、とっさのことで撮れなかったそうです。

 

その後、コウライウグイスを探しましたが、姿は見られませんでした。

 

そんなこんなで、もう17時。撮影終了としました。

明日は最終日です。どうなりますやら。



 
マミチャジナイです。

 
ちょっとよくわからない
ヒドリガモ雌 非生殖羽に近いと思います。


 
バンです。

 
コガモ雄 エクリプスです。

 
キビタキ雌です。

 
エゾムシクイです。

 
これもエゾムシクイです。

 
ノジコです。

 
コムクドリです。

 
マミジロです。

 
アオジです。

 
キビタキ雌 第一回冬羽と思います。

 
センダイムシクイです。

 
ビンズイです。

 
カシラダカです。

 
オオムシクイだと思います。

 
ムギマキです。

 
メボソムシクイです。




2019年5月17日(月)晴れ

 舳倉島での探鳥最終日です。

船は15時出航なので、午前中が勝負です。

いつものように、早朝から島を歩きました。

 

しかし、今日は昨日よりも鳥が少なくなった気がします。

日差しが強くて気温も高い中、探鳥しました。

すれ違うカメラマンさんとかわす言葉は「何かいますか?」

 

結局探し回りましたが、これと言って成果は上げられずに

帰りの船の時間がきました。

 

これで、舳倉島の探鳥は終わりました。

今までは、GWの時期に来ていたのですが、

初めて5月中旬に来ました。

 

来年もまたこよう。


 
コルリです。

 
ムジセッカです。

 
これは、、、オオセグロカモメかな?と思うのですが、
写真ではわかりにくいですが、
嘴の先が黒いので、オオセグロカモメではないような、、、
ちょっとわかりません。


 
アカハラです。

 
コムクドリです。
写真はこれで全部です
最後まで見れくれて、ありがとうございました。





「普通種です。」

2019年5月7日(火)晴れ

 朝6時に現地到着。探鳥開始です。
この公園は、珍鳥はいません。
普通種ばかりです。でも、数はたくさんいます。

連休明けで、人はまばら。ゆっくりと探鳥できました。

出会った夏鳥は、コサメビタキだけでした。あとはスズメ、メジロ、などでした。

オオヨシキリが大きな声で鳴いていましたが、見つかりませんでした。

公園を一回りして、もう12時。探鳥終了としました。




スズメお食事中。 
 
 
何でも食べます。
 
ピョン
 
メジロです。
 
コサメビタキです。
 
 
ちょっと欲張りすぎ。
 
アオサギです。
 
シジュウカラです。
 
 
ヤマガラです。
 
最後もスズメです。

写真はこれで全部です。
最後まで見てくれて、ありがとうございました。



「砂粒、、、」

2019年 3月16日(土)晴れ

夜中1時45分フェリーが出航しました。
朝、8時から探鳥開始。フェリーの上からの撮影です。

 ウトウが、はるか彼方に現れてくれました。
本当に遠かった。800mmでも砂粒くらいの大きさでした。

その後、ウミガラスとハシブトウミガラスが出ました。
これも、遠かった。

なかなか近くに寄ってくれませんでした。

天気は良かったのですが、風がすごく冷たくて、強かったです。
最後は、吹雪になって撮影終了としました。

結局1日目は、砂粒程度の写真ばかりでした。
明日は、どうかな?



ウミネコです。


 
アホウドリの幼鳥です。



ウミネコです。



ウトウです。久しぶりの登場です。



アカエリカイツブリと思われます。



ウミガラスです。初登場です。



こっちは、ハシブトウミガラスです。
これも初登場です。




ウミウと思われます。



コアホウドリです。初登場です。



コアホウドリ



カモメと思われます。



アカエリカイツブリと思われます。



コアホウドリ



3月17日(日)晴れ

2日目は、日の出とともに撮影開始です。

まずは、ウミガラスが出ました。
 でも今日は昨日より、出が悪かったです。
待てども、待てども出てくれません。

昨日より風は弱くて、波も穏やかだったのですが、
肝心の鳥たちが出てくれません。

時間だけが経っていきました。
光が逆光になってきたので、左舷へ行きました。
こっちは、強風をモロに受けました。

またまた右舷に戻りましたが、鳥は出ませんでした。
制限時間が来て、撮影終了としました。

結局この2日間の撮影は、鳥たちが近くへ来てくれませんでした。
写真を撮りたかった、エトロフウミスズメは、目撃しましたが
撮れませんでした。

次回のお楽しみにしておきます。


 
ウミガラスです。



ウミガラス



ウミガラス



ウミガラス



ウミアイサです。



これがよくわからない。
なんでしょうか。




最後はウトウです。

写真はこれで全部です。
最後まで見てくれて、ありがとうございました。



● ホーム ●